時間管理術

【2分で読める】副業を始めるのに大切なことその1【時間割を立てる!!】

以前下記のようなツイートをしました。

生産性向上のコツ
僕の実践は下記3つ
・24時間やることの時間別タスク化
・洋服固定
・スマホ通知オフ

大きくこれらを意識して行動することで決断回数が減り、ストレス低減にもつなげています。

1日の濃度をどれだけ上げるかが大切です。
自分の残りの人生で今が1番若い!!
コツコツ続けます!

副業を始めたけど時間がない。
そんなあなたに僕が実践していて特に効果が大きいと思っている3つをご紹介。
今日はその中でも最も大切な1つ目のご紹介します。

あなたも実践すれば副業に充てられる時間も増え、副収入アップにつながりますよ!!

24時間やることの時間別タスク化

朝起きてやることを書き出します。
余裕があれば前日に決めておきましょう!

肝心なことは『書き出したことだけに集中できる』ということです。

逆に書いていないことは基本的に取り組む必要がありません。
やらないことを決めていることでもあります。
自分のやりたいこと、すべきことを書き出すことでそれらに全力で取り組めるようになります。

基本的に副業を始めたら、最初は副業に充てられる時間を把握することが大事です。
ネット社会には初めてすぐに成果が出ている人がいます。
凡人ですぐに芽が出ることはないです。というか失敗ばっかりだと思います。

今までやったことのないことに取り組んだり、今の自分を変えるためにやっているのだから、簡単に成果がでるわけがないです。

なので、まず始めたらコツコツ続けることを第一にした方がいいです。

具体的な時間割のたて方

結論、平日と休日でそれぞれ分けて作ることです。
本業がある方にとって、日中8〜17時は自分の副業としての時間を割くことができません。

24時間をおきてから本業を除いて空きの時間が何時にあるか確認する。
まとまった時間がなくてもいいと思います。
隙間時間もそうですが、移動しながらオーディオブックを聴いたり、ジムでトレーニングをしながら動画で勉強などをする。

〇〇しながら〇〇する。掛け算することで時間は作れます。

また、休日は本業に取られていた時間がまるまる浮くのでスケジュールが大きく変わってきます。
休日は毎日12時間副業に取組む!と意気込むのもいいですが、コツコツ続けていくのであれば、『休日のどこかで必ず3時間』としてしまった方がいいです。

僕は妻子がいて、本業もあります。その中で現状をより良い方向に変えていくために朝活を始めました。

家族の起きる前に自分のやりたいことをやる、本業も副業もサポートしてくれる家族に成果という恩返しだけでなく、一緒に過ごす時間もかける必要があります。

ABOUT ME
Hiro
AssetSun株式会社 代表取締役。 1989年5月生まれ。 三重県伊勢市出身 名古屋市立大学 経済学部卒業 大手自動車会社勤務。北米駐在中に「生き方」を学び、帰国後起業を決意。 現在は企業人であり起業人。 モットーは「時間管理を通じて新しい生き方を創造する」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)