スキルアップする方法

夢を叶えるために必要な行動。秘訣は【行動を具体的に紙に書くこと】

こんにちは!!今日は夢を叶えるために必要な行動をお伝えします。
これを読めば最初の壁を破るための策がわかります!

 

結論です。

自ら行動を取れる思考と行動パターンを書き出す

これが最重要事項となります。

要は自分から行動できるよう仕組みつくりをまずすることです。
具体的には

  • 目的を明確にする
  • 目的のためにそれぞれ目標設定をする

この2つです。
それぞれについて具体的に説明していきますが、書き出すことの大切である実例をお話します。

ハーバード大学の夢を書き出す研究

1979年、ハーバード大学で10年に渡る調査が行なわれました。教授が学生たちに自分の目標を持っているかどうかを質問したのです。結果は次の通り。

  • 84%の学生は、目標を持っていない。
  • 13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていない。
  • 3%の学生は目標を持って、それを紙に書き持ち歩いている。

目標を持っている学生は、たったの16%しかおらず、目標を紙に書いている学生となると、たったの3%だけという結果でした。
その教授は、10年前の調査に参加した元学生たちに再びアポイントを取りつけ、調査をしたのです。すると、次のような驚くべき結果を得ることになったのです。

全員の年収を調べていくと、当時、目標を持っていた13%の人の平均年収は、目標を持っていなかった84%の人たちの約2倍だったのです。

そして目標を紙に書いていた3%の平均年収は、残り97%の人たちのなんと10倍だったのです。

この調査結果に対する解釈は人それぞれですが、夢や目標を書き出す価値はあります。

紙に書きさえすればいいのか、という問題ではないとも思います。その目標のため日々どう取り組んで行くか、実現するために行動しつづけるかです。

人の意思は弱い。弱っている時こそ紙を見返し自分を奮い立たせる。

とても参考になる実例です。

目的を明確にする

あなたが叶えたいことは何か?。

例えば家族と幸せな余暇を過ごしたい。これが目的。
そのためにハワイ旅行に行く。これは目標。

ハワイに行くためのやることリスト

  • 仕事の休みを調整する
  • 飛行機のチケットをとる
  • ホテルを予約する
  • 現地ツアーを申し込む

など具体的な目標が立てられるはずです。
たどり着くまでのステップも結構わかりやすいし明確です。

これを自分に置き換えると途端に難しくなる。

正しい目的地がどこであるか明確になっていない中では本当は目標も立てられないはずです。

「なんのために」をまずは明確にしましょう!!

叶えた時のあなたはどうなっていたいか

  • 脱サラしている?
  • お金持ちになっている?

自分のやっていることが社会や周りの人たちにどういう利益を与えているか。
どういう感情を生み出すのか。快適?安心感?楽しさ?モチベーション?

自分以外の存在に思いを巡らせる。

「僕のブログを読んでくれる人がどういう状態になっているか」を常に考えます。
それだからこそ、毎日改善を怠らず、きちんと振り返りを行う。

自分を責めず、何ができるようになったかを考える。

脱サラしている自分を具体化するために

まずは、自分の月々の生活費がどれだけかかっているかを把握しましょう。
意外と自分の生活費がわかっていない人が多いです。

脱サラするためにはサラリーマンをやめたとしても生きていくための収入が必要です。
具体的にいくら稼げれば脱サラしても生きていけるかは、自分が毎日どれだけお金を使っているか計算すれば簡単に出てきます。

ざっくりおさえてべき費用。

家賃
食費
水道光熱費など
スマホ代
交際費

です。基本的に社会人の初任給くらい稼げれば生きていけます。なぜならそのように初任給が設定されているからです。

お金に縛りがなければどう生きているか

あなたのお金持ちの基準を明確にするために、とにかく好きなこと、好きな食べ物、遊び、飲み会等、やりたいことを列挙します。この時いくらかかるかとかはまずは考えなくていいです。

満足するまで出し尽くしたら次はそれらを叶えるためにいくら必要か1つずつ算出します。
それらの積み重ねがあなたの稼ぐべき額であり、あなたの幸せになっている状態です。

お金がなくても幸せです。という方も世の中にはたくさんいますが、何かを我慢しての幸せが本当に幸せなことなのか??

お金がなくても幸せです。という言葉を僕は億万長者になってから言えたり本当にそうなんだなあ、と理解できますが、年収数百万レベルの人が「お金なくても幸せ」とか言うことは信用しません。

期限と誰を喜ばせるかを決めることがポイント

期限の設定

期限を明確に設定することがまずは一番大切なことです。
10年後の目標よりまずは10日後、1ヶ月後の期限を決めて取り組みましょう。

毎年1月になると英語の参考書が売れます。

「今年こそは英語を頑張るぞ!!」という人が多い証です。

年末までそのモチベーションが保てている人は果たしてどのくらいいるのでしょうか?
参考で何かを始める人が100人いたとして行動に移せるのは1人。
そして100人の人が行動したとしても行動し続けられる人は1人。
つまり1万人に1人しか行動し続ける人はいないんです。

1万人に1人になることを目指すより、とにかく目の前の10日続けることを目指す。

世の中の大多数が「今年こそ!」と1年先の目標を立てる。

世の中の大多数がお金持ちか??

違いますよね??

大多数は平均もしくは貧乏な部類です。お金持ちは少数。

貧乏な考えの人たちと同じ行動をしようとしていてあなたは果たして行動し続けてお金持ちになれるか。おそらく無理です。

まずは1年ではなく、10日先、1ヶ月先の目標を立てる!ここがスタート。

・ブロガーなら、1ヶ月のうち10記事書いて、その1記事1記事改善を1つ加える。

・プログラミングなら、1ヶ月まずはPCを開き1時間は勉強する。

・TOEICなら、勉強を始めた日に1ヶ月先の公式テストに申し込み、それを目標に頑張る。

まずは近くの期限を設けましょう。

誰を喜ばせたいか

あなたは自分を喜ばせるために頑張れるでしょうか。

大学の研究で自分のために頑張るよりも誰かのために頑張る方が6倍もの成果がでたそうです。そう、人は元々意思は強くないので「自分との約束」よりも「誰かとの約束」の方が成果も出やすいし、成果も大きいのです。

パートナーのために頑張る。家族のために頑張る。友達のために頑張る。チームメイトのために頑張る。

ただし、誰かのために頑張りすぎて自分が壊れることがないよう程よく頑張ることが肝心です。

まとめ

以上のことを毎日繰り返す。

目的、目標を紙に書き出して、その紙を毎日見ましょう!!

期限を設定して、その目標を達成した時誰を喜ばせるのか、自分の行動を振り返る。

1万人に1人の存在を目指すよりコツコツ続けられる存在になろう!!

ABOUT ME
Hiro
AssetSun株式会社 代表取締役。 1989年5月生まれ。 三重県伊勢市出身 名古屋市立大学 経済学部卒業 大手自動車会社勤務。北米駐在中に「生き方」を学び、帰国後起業を決意。 現在は企業人であり起業人。 モットーは「時間管理を通じて新しい生き方を創造する」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)